尿漏れは女性にとってデリケートな問題~スグサマ解決困った悩み~

お年寄り

膀胱炎になりやすい人とは

女性が膀胱炎になる要因

医者

女性が泌尿器科を受診する際には、膀胱炎の症状を感じた時が多いかと思います。膀胱炎は女性がなりやすい病気といわれていますが、それはどうしてなのでしょうか。これは女性の体の構造に原因があるといわれています。女性の尿道から膀胱までの長さは3cmから4cm程度です。この部分の長さは男性であれば14cmから18cm程度はあるため、比べてみると女性のほうが大変短いことがわかります。そのため、尿道口から入った細菌が膀胱にまで入ってしまう可能性が高いのです。また、女性の場合は尿道口から膣と肛門まで距離が近いことも、膀胱炎になりやすい要因とされています。このことにより大腸菌やブドウ球菌、セラチア菌、腸球菌などが入りやすくなっているのです。

抵抗力の低下が原因

しかし排尿する時に細菌は通常洗い流されることが多く、また、膀胱まで細菌が入ったとしても膀胱自体も細菌には抵抗力があります。ではなぜ細菌が入り込み、炎症を起こしてしまうのでしょうか。これは風邪をひくときと同じように、体の抵抗力が低下したときに起こりやすいといわれています。膀胱炎の予防としては疲労やストレスを溜めない日常生活を心がけるのが良いでしょう。また、膀胱炎になってしまった時にはすぐに泌尿器科を受診することが大切です。では泌尿器科ではどういった治療が行われるのでしょう。まず問診や尿検査があります。その後、膀胱炎の程度によって内服薬を飲むことが必要になります。泌尿器科で処方される内服薬の種類は抗菌剤や抗生物質です。症状が軽くなったからと薬を飲むのをやめてしまわずに医師の指示に従いましょう。